大丈夫?!忘れがちな給湯器の取り替え時期

給湯器はいつまで持つの?

現在のお使いの給湯器はどのくらいの期間使用しているでしょうか。そう尋ねたときに正確な年数を答えられる人は意外と少ないと思います。毎日使用するものだからこそ、どのくらい使っているか、ということはつい忘れがちです。実際給湯器のおおよその寿命は10年程度といわれています。ただ家族の人数によっても使用頻度が違うので一概に10年使用できるとはいえません。中には6~7年で使用できなくなってしまう機械もあります。

気づいたらおかしな音が

給湯器の故障でよく聞かれるのが、機械から今まで聞いたことのない音がする、温かいお湯が出てこない、ということです。お湯が出てこないという時は何らかの部品が消耗していることも考えられ、部品交換等で解決する場合もあります。また、異音の場合は機械の内部にゴミが絡まっていたり、機械の結露が原因だったりすることもあり、必ずしも部品交換等の対応で改善できない場合もあるのでしっかりとした判断が必要になってきます。

いざ、交換するのはいつ?

給湯器は安価なものではありませんので、壊れる前に買い換えておこう、というお宅は意外と少ないのではないでしょうか。壊れてからすぐに対応してくれる業者があれば良いのですが、その日のうちに新しい物を取り付けまでしてくれる、という業者は少ないと思います。実際壊れてからでは数日お湯が使えない、ということも珍しくありません。そうならないためにもこまめに給湯器おチェックして、完全に使えなくなる前に早めの手立てをとっておきたいものですね。

給湯器の相模原の業者においては、一般の顧客を対象とした無料の見積もりのサービスや、定期的なメンテナンスなどの取り組みが活発化しています。