少数婚は手作りで!!オリジナルウエディングのすすめ!

憧れに近づくためには

子どものころから夢に描いていた結婚式というものが誰しも心の中にあるでしょう。でも、イザとなると思っていたようなものが見つからなかったりします。素材がイマイチだったり、このリボンがついていなければいいのに等、ほんの少しですがディテールが気になってしまうということがドレスから会場装飾に至るまであるでしょう。よくよく見てみると意外と自分でも作れそうなものが多い結婚式のアイテムですから少人数の結婚式であればオリジナルのものをつくって納得のいく結婚式を挙げましょう。

結婚式の前から幸せな時間が

思いを込めて一つひとつ丁寧に作ったものは売っているものにも負けない仕上がりとなり、自分が思い描いていた会場づくりができるでしょう。当日身に着ける自分の姿をイメージしながらウエディングベールを作ったり子供たちが持つ姿をイメージしながらリングピローを作る、あるいはゲストの顔を思い浮かべながら引菓子を焼く等、その時間はとても幸せな時間となりますよ。どこにもない自分だけのオリジナルに囲まれた結婚式はとても素敵な一日となるでしょう。

すべてが思い出となる

オリジナルウエディングでは何も凝ったものを作る必要はありません。手作りし始めると意外と簡単なのに素敵な仕上がりというのが一つポイントとなるでしょう。結婚式は一日で終わってしまうものですが材料を探したりデザインを考えたりと、その日のために準備した数か月すべてがとても良い思い出となりますよ。また、手作りアイテムは式の後の新しい生活でもリメイクして使ったり飾ったりできるものも多いので好きな素材や好きな色で作ってみましょう。

出来るだけ費用を抑えたい、でも結婚式を挙げたいと考えているなら招待客が親族のみの挙式がおすすめです。神様でなく、招待客に誓う人前式の結婚式なら親族のみでも見劣りすることなく、温かみのある式になります。